2015年04月05日

私の最強トウパット術

以前書いたトウシューズの滑り止めの記事がかなりアクセスあるようなので、今回はトゥパットの話を書きたいと思います。

元々足は強い方だったんですが、去年パリの炎のグラン・パ・ド・ドゥを踊った際、ポワントも詰め物も一から見直すことになりまして(>_<)

つま先で立ったまま跳ねるという難しい動きがたくさん入っている踊りで、途中で足が痛くなってしまってなかなか最後まで踊れず、、

試行錯誤して、行き着いたトウパッドがこれ!

スキニーディップス
シルビアやミルバで売ってます(1400円)。
DCIM0697.JPG
要は薄手のジェルパッドなので、チャコットにも色々同種のものを置いてます。

もっと分厚いジェルのパッドもあるんですが、厚いと安心なようで厚さの分だけ逆に圧迫されて足が痛くなる( ´△`)

私はさらにこれの裏側を切って使っています。
DCIM0695.JPG
左が上面、右が下面ね。
(使い込んでいるので汚くてごめんなさいあせあせ(飛び散る汗))

意外と知られていないようだけど、ジェルのトウパットはほとんどの商品が切っても大丈夫です。
小指だけ痛いときとかも、部分用ジェルを小さく切って使っています(*^^*)

ただこれだけだと、薄くてちょっと心もとないかもしれません。

そこでおすすめなのが、トウシューズ用ウール
チャコットでもシルビアでも1200円前後だったと思います。

形状も欲しい部分にだけ入ってくれるし、量も自分で調整できるので便利です

パッドじゃなく、あと少し何か欲しい…というときはぜひ試してみてください(@^^)/~

床が固いときとかも、ちょっと入れてあげると衝撃がだいぶ緩和されます。
ぎゅっと固まってきたら、指でほぐしたり、交換します。

以上は私の経験談ですが、私の回りにも結構効果があるようだったので、シェアします〜。

ただ、どれが合うかは人それぞれな部分があるので、ぜひ参考までに〜(p^-^)p
posted by くろみほ at 05:27| 東京 ☁| ストレッチ&バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする